郷の家建て方

建て方初日、朝早く材料が入ってきました、大工さんが柱を立てています。

1階の柱が立つと柱の間にパネルを入れていきます。
このパネルが壁強度3.3倍の秘訣です、隙間はわずか1mmしかありません

入れるのがたいへん!

2階の根太を入れていきます

1階同様に2階のパネルを建てていきます。

小屋張りを掛けていきます。
ここで1日目の建て方は終了しました。

2日目
屋根パネルがかかり、いよいよ家らしくなってきました。

屋根パネルの上にシージングボードを張っていきます。
これで雨音が気にならない!

屋根パネルを乗せると2階の天井が仕上がっています。

屋根にルーフィングを張ってから板金で屋根を仕上げていきます。
2日間雨が降らなくて良かった。

内部も順調に仕上がっていきます。
床下に竹炭を敷き詰めていきます、これで湿気・シロアリ対策はばっちり!

1階の床張り状況です。
大引きの間に75mmの断熱材を敷き詰め、その上に防湿シートを張ります。
断熱効果抜群です、その上に30mmの無垢赤松フロアーを張っていきます。

2階の床も順調に仕上がってます。
2階床は15mmの赤松フロアーです。

Post Tagged with ,