Author Archives: admin

イベント情報

5月19日(土)20(日) 富山市婦中町笹倉にて、お施主様のご厚意により 郷の家フリープランの完成見学会を行う予定です。
天然無垢材の心地良い暖かさを是非体験してください。
5月27日(日)  家造り勉強会開催
一生に一度の買い物で、絶対に後悔しないように正しい知識をお教えします。
当日は夢ハウス本部より講師を招いて行います。
詳細は後日ホームページにて案内します。

実証例 試験データー

netukoukan4
netukoukan5
netukoukan6
netukoukan7
netukoukan8
netukoukan9
netukoukan10
netukoukan11
netukoukan12
netukoukan13
netukoukan14
netukoukan15

熱交換塗料とは?

真夏の鉄板屋根の上を裸足で歩けますか?

 

常識を覆した魔法のようなエコな塗料!

アルバー工業(株)の熱交換塗料

熱交換塗料とは?

 

実物を見るまで、信じられないと思いますが「熱を消す塗料」です。

 

塗装の表面に当たった太陽光線は一度「熱エネルギー」に変わります。

それが塗装の中の「熱交換物質」に触れることによって「運動エネルギー」に姿を変え、その場で消費されます。

「熱交換物質」は、ミクロン単位の薄い塗膜の中に注入されています。

即ち「熱を消す塗料」です。今までにない全く新しい発想のこの塗料は「塗るだけで熱を消費」してしまいます。

 

 

 

今までの断熱の考え方、それは太陽光線を「反射によってはじき返す」という極めて単純な考え方でした。

その為に塗り材は、光沢の有る物か、白、それに近い色でないと十分な反射効果が期待できませんでした。

それどころか初期反射能力が時間と共に失われていくという致命的な欠陥があったのです。
熱交換塗料

 

その原因は、塗膜面に堆積していく様々な汚れです。
汚れが複合的に反射を阻害し、同時に断熱効果をも阻害してしまうのです。

「熱交換塗料」はそうした汚れは勿論、傷にも、摩耗にも影響を受けることなく、長く効果を保持します。

そして何よりも、色によって断熱効果に差が生じる事はありません。
熱交換塗料

太陽が沈んだ日没後も、熱消費効果を発揮します。

反射型遮熱塗料は太陽光線が無くなると熱消費が出来なくなり、夜間は蓄熱したままの状態となります。

その為、熱が残り室内温度が高いままとなります。

「熱交換塗料」は「エネルギー交換材料」が25℃になるまで熱交換運動を行う為、夜間においても温度上昇を制御します。

 

熱交換塗料

 
冬場の気温の低い季節は、「エネルギー交換材料」が25℃以下には無反応の為、太陽熱を蓄熱し温度低下を軽減します。

 

 

こんな特徴があります!
 
 
 
お好みの色が見つかります
・塗装のバリエーションが豊富です。
 
落ち着いた艶消しタイプです
・反射塗料と違い光沢が不要なので安価です。
 
色々な樹脂が使えます
・屋根や防水層のトップコートとして広範囲な樹脂選択が可能です。
 
使う場所は色々です
・屋根、壁は勿論、路面にも応用出来ます。
 
他に迷惑を掛けません
・反射塗料と違い、周辺の眩しさ、熱さが無く植物が枯れたりする事もありません。
 
効果が長持ちするから安心です
・耐久性に優れ、四季の変化、酸性雨にも有効です。
 
薄い塗膜でも効果を十分発揮します
・他社の塗料と違い、厚塗りは不要です。
 
冬にも優れた効果を発揮します
・真冬には凍結防止の強い味方になります。
 

薪ストーブの燃料(ブリケット)を仕入れに行ってきました

先日、夢ハウス(新潟県新発田市)まで、はるばるホワイトブリケットを仕入れにいってきました。
ホワイトブリケットは材木を製材したときに出るおがくずを、高圧で固めて燃料にした物です。

機械から出てきた、できたてのブリケットです。

この機械で作っています、シーズン中はフル稼働だそうです。

2t車じゃちょっと不安かな?
200袋積んでもらいました、荷台からはみ出ています。
高速大丈夫かな?

10月30・31日 (株)竹中 郷の家 常設展示場が見学会を開催しました

あまり天気は良くなかったのですが、2日間で50組のお客さまに来ていただきました。
ありがとうございました。
新潟本部からスタッフの応援もありとても助かりました。
当日は薪ストーブの実演もあり皆さん結構関心があるようでした。

展示場は AM10:00~PM5:00までオープンしています。
定休日は毎週水曜日です。

毎月、第2日曜日は、個別相談会
第3日曜日 家づくり勉強会
第4日曜日 薪ストーブ体験会

すべて予約制です。

いろんなイベントを用意しています。
お気軽に参加して下さい。

最新の施工例(内観編)

写真をクリックすると大きくなります

最新の施工例(外観編)

写真をクリックすると大きくなります

はじめに

『ご家族』の夢を実現できる建築会社を選びましょう

建築本体はもちろん、諸経費に至るまで、無理のない資金計画を提案、シミュレーションを行なっているか?
設計力があるか?ご家族が間取りに合わせるのではなく、ご家族に合う間取りを造ることが本当の設計です。
限られた予算、限られた敷地条件の中でたった1つの我が家を造りましょう。

直接会社を訪問しましょう

会社の雰囲気で、良い会社かどうか判断できます。
マナーの良さは、社員教育が行き届いている証です。

名前だけで選んではダメ、地域の特性を熟知している会社を選びましょう

住宅会社は千差万別です、過去の実績が大切です。

営業担当の『誠実さ』の判断をして下さい

営業担当は、あなたの為に真剣に取り組んでいますか? あなたに営業担当の住まい造りに対し「熱い思い」が伝わってきますか?

契約書・図面・見積書・仕様書がきちっとされているか確認しましょう

簡単な「間取り図」に「外観図」数枚の見積書・・・
いい加減な決め方では後でトラブル発生の もとになります。

建築中の現場に行って工事のやり方と現場が綺麗かを見ましょう

モデルハウスだけでは判断しない事、優良会社は毎日現場を掃除しています。
そうゆう会社は工事もキチンと行い品質も間違いありません。
ご近所に対し迷惑をかけない様、配慮がなされているか?

建築中、施主の立ち会い制度があるか確認しましょう

「お任せ下さい」だけでは不安が残ります。
優良会社であれば立ち会い検査を行っています。

どんどん値引きする会社は選択リストからはずしましょう

本当の適正価格であれば、値引きする事はできません。
下げる事のできる根拠を求めましょう。

入居後のアフターサービスシステムを確認しましょう

定期点検システムが確立されているか?保証制度はあるか?

建築基準法

家を建てるときは、法規制がこんなにいっぱい!

建物の耐震性や台風、積雪などに対する強度を持たせるために、基礎の仕様や耐力壁の量など構造上の技術基準が設けられています。

斜線制限敷地が面する道路幅や北側の隣地境界線など、敷地のおかれた環境に応じて一定の斜線を想定し、その斜線の内側に家を建てなければならない制限です。そしてこれは用途地域に応じてその厳しさが違います。 防災上の制限地域によっては都市の防災計画上、防火地域や準防火地域、22条の指定あるいは無指定があります。これらのどの地域にある敷地かによって、建てられる家の構造や外壁材・屋根材・窓などの制限を受けます。
建ぺい率・容積率建ぺい率は敷地の広さに対する建物の建築面積の制限で、容積率は敷地に対する建物の各階の床面積の合計(延床面積)の制限です。パーセントで表示さ れていて、同じ用途地域の中でも数種の指定があります。なお、地下室や小屋裏、ベランダなどは一定の条件を満たせば容積率の計算時に床面積に入りません。 有効採光面積住宅の居室には自然採光のために一定以上の大きさの窓をとらなければならな1いという制限があります。居室とはリビングやダイニング、寝室、書斎などで、玄関や廊下、階段、トイレ洗面室、浴室などは除外されます。
用途地域一般に、家が建てられる地域(市街化区域)には用途地域の指定(12種類)があります。そしてどの用途地域にあるかにより住宅や、オフィス、工場など、建てる建物の用途に制限があります。 接道義務道路に面していない土地には家が建てられません。また、たとえ道路に面していても道路に接する敷地の幅が狭すぎたり、道路幅が4mに満たない場合には家が建たなかったり、制限されたりします。 日影規制建物が落とす日影の時間を制限して、住宅地の日照条件の悪化を防ぐのがねらい。これは都道府県の条例で指定されています。

敷地調査

どんな素晴らしい設計をしても、隣家との関係で光が入らない、 カーテンを開けると隣から丸見え、 夏場風が通らない、等がないように 事前に入念な敷地調査を行い設計していきます。